読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IN THE WORLD  旅の記録

国内外を旅した記録です 

アモイ  客家10

 

 

あッと言う間に三日間が過ぎた。

 



最終日。
簡さんがアモイのまで自家用車で送ってくれる。
彼は、運転しながら宿の手配、明日の飛行機の手配を済ませる。
有能な彼は、目下、家を新築中だそうだ。
この四日間で一か月分以上の収入を得ている。
機転が利いて、話題も多く、顔も広い、益々商売繁盛間違い無しだ。


バナナの並木通り、おばさん達が、
走っている車に向かい鈴なりのバナナを両手に掲げる。
簡さんが値切って値切って買った一房を皆でほうばる。
30個位有るだろうか、3元で売ったおばさんもブツブツ言っていた。

夜、タクシーで、
アモイで一番美味しい海鮮料理店」
を探し当てる。

 





 



新鮮な海鮮料理でアモイでの最後の夜を惜しむ。
伊勢海老の刺身と蟹が美味しい。

 

最後の最後は、露店で駄目押しの一杯だ。

アモイ 客家 おわり