IN THE WORLD  旅の記録

国内外を旅した記録です 

出羽三山記 (4)


羽黒山
案内書に、
「開山は約1,400年前、第32代崇峻天皇の皇子である峰子皇子が三本足の霊烏に導かれ、
羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされている。
皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となった。
以後、羽黒派古修験道として全国に広がったのである。」
とある。
子供の頃から、力士羽黒山とともに天狗の羽黒山、として親しんできた。

何はともあれ、五重塔を目指す。
山門を潜と樹齢300年の杉木立、

 

鄙びた石段を降りて登ると鬱蒼と茂る杉林の中に五重塔が現れる。
周囲の杉の木の方が五重塔よりも背が高いのには驚かされる。



 



 

 

 有難や雪をかほらす南谷   芭蕉

はこの辺りを詠んだ。
羽黒山三神合祭殿。

 

出羽三山の内、月山、湯殿山は冬季は豪雪の為参拝が困難だった。
その為に、比較的低山の羽黒山に、
三山の祭神を合祀した三神合祭殿が出来たと言う。
大きな大きな本殿、けばけばし過ぎる。



中庭にでんと居座る萱葺きの切り妻造りの鐘楼、



少し離れた蜂子神社の方が趣がある。



 

境内には古今の歌碑・句碑が立ち並ぶ。

 涼しさやほのみか月の羽黒山   芭蕉