IN THE WORLD  旅の記録

国内外を旅した記録です 

出羽三山記 (9)


最上川下り。
ポンポンと威勢の良い山形弁が飛び出す庄内おぼこ。



最上川舟歌を聴きながらのゆったりした川下りは至福ものだ。

 五月雨を集めてはやし最上川   芭蕉

の急流のイメージは無い。
案内ガールが、しきりに
「怖い川」
と言っていたから見掛けよりも速い流れなのだろう。
天竜川に比べ、川幅も広く水量も遥かに多い。



天竜川では竿と櫂を使った川下りだったが、
此処はエンジン付だ、そんな関係も有るのかもしれない。



(プロ撮影)

「義経主従」はこの川を上り、「芭蕉」「おしん」はこの川を下った。

山騒ぐ真っ只中を最上川
水涼し最上川にて旅果つる

両側に神代杉がニョキニョキと森から顔を出す。
運が良いと熊、鹿、猿などを見掛ける事が有るらしい。
10キロ程の間に橋は無い。

 

 

川の北側は道路も無い、時々小さな部落があるが、
不便さに耐えかねて村を離れる人が多く、
ある部落では住民が唯の一人だそうだ。
交通手段は船しかない。


新庄で蕎麦屋を探す。
駅前の案内板の「めん処○○」を尋ねて炎天を歩く。
探し当てると「んめ処○○」とある、しかも休店。
駅前に戻って蕎麦屋、これが板蕎麦、美味しい。

「久持良餅」を買う。
この旅の始めからTTさんが念仏のように唱えていた「久持良餅」だ。
「久持良餅」にもいろいろ有るらしい、TTさんは。
「本店へ行ってみる」
と荷物を転がして街の中へ消えて行った。

私は、本屋を探す。
評判の「たそがれ清兵衛」、映画も本も読んでない。
無性に読みたくなったのだ。
甚内の女将が、
藤沢周平の作品に「ごますり甚内」ってのもあるんですよ。」
と聞いていたからだ。
本屋でやっと探した単庫本、
その中に、「たそがれ清兵衛」も「ごますり甚内」も載っている。
新幹線の中で熟読している内に旅は終る。
藤沢周平ってのを知っているようで知って居なかった。
庄内を歩いて初めて知る庄内の風土、
これを知って初めて深まる藤沢周平の世界だ。

そう言えば、森敦、「月山」もまだ読んでない。
明日、古本屋で探してみよう。