IN THE WORLD  旅の記録

国内外を旅した記録です 

続々昆明記4

街の温泉

冷蔵庫にはビールが冷えている。
度々の昆明訪問の都度、宿を探すのが面倒なので、
部屋は前回から継続して借りてある。
まあまあ、生活には困らない広さ、調度も揃っていて、
一年の部屋代が日本での一ヵ月分位で済む。
ものの5分も歩けば、食堂、市場他あらゆる店が立ち並んでいる。
何よりも自由がある。

今回は3ヶ月の滞在予定、旅行ビザの期限は一ヶ月、
まず、ビザの確保の為に学校へ顔を出す。



彼岸桜が満開、こちらの人はこの桜を桜と呼ぶ。
一ヶ月の授業料を払って二ヶ月のビザ延長を企んだが、
二ヶ月の延長のためには二か月分の授業料が必要になったとか、
せちがらくなったものだ。

3月初めにはSが昆明入りする事になっていて、
彼が来たらどうせ何処かへ出掛ける事になるだろう。
そんな事も考慮して、4月から二か月分の授業料を払い込み、
一応、ビザを確保する。

そのSが仲々顔を見せない、何時かの岳陽の時の様に、
いきなり、のっしのっしとやって来るかも知れないので、
昆明を離れられない。

バスから外を眺めていたら「温泉」の看板が眼に入り、急いで降りる。
「温泉」の前の食堂で鍋を突きながら様子を覗う。



出入りする男女を眺めていると、どうも、
日本で言うヘルスセンター如きものらしい。
恐る恐るドアを開けると、ボーイさんが案内する。



更衣室から先は、
「写真は駄目です」
と窘められた、当然と言えば当然だ。

中へ入ると、直径が5m位の薬草が浮いている浴槽が三つ、
先客が頭から湯気を出している。

風呂から上がると、ボーイが「お二階へ」としきりに誘う。
誘い方がしつこいので敬遠、カウンターで料金を払う、意外に安い。
「ビールを飲みたいのだけど」
と聞くと、二階を指差す。
ビールの誘惑に負けて、ままよと二階へ上がると、
低い立て板で仕切られた沢山のコーナー、
兎に角、ビールに有りつけた。

周囲を見渡すと浴衣?姿の男女が気持よさそうにマッサージを受けている。



怪しげなところでも無さそうだ。
壁に、いろんな種類の按摩、マッサージの料金表が掛かっている、
中国式、タイ式、韓国式、全身、足、背中、耳もある。
成る程、ここはマッサージがメイン、温泉に浸かるだけだと頗る安い訳だ。

と言っても、一番高いので2時間日本円で2000円くらい、
日本に較べればたかが知れている。
と言っても、一般の中国人にとっては贅沢の部類なのだろう、
マッサージを受けているどの腹も膨らんでいる。
比較的お金持ちの出入りする場所のようだ。
足按摩を、と思ったが止めて置いた。

つづく