読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IN THE WORLD  旅の記録

国内外を旅した記録です 

続昆明記26 爨宝子碑

その「爨宝子碑」の実物が見たくなった。
「爨宝子碑」は、昆明から西北へ150km程の曲靖に有る。
曲靖は雲貴高原の中部に位置し、
古来、中国中央部から雲南への陸路の要所である。
孔明の南征以来、唐代の初めに至るまでの約五百年間、
雲南の政治、経済、文化の中心地であった。
三国志で有名な、「孔明七回孟獲を捕らえる」の舞台でもある。

汽車でも行けるが、羅平で懲りているので、バスを利用する。
中国の急発展を象徴するかのような広い広い道路、2時間ほどで曲靖着。



それからが大変だ。
確か中国の国宝?である筈なのに、
「爨宝子碑」と尋ねても殆ど返事らしい返事が返ってこない。
曲靖中学の中にある、と聞いていたが、その曲靖中学も第一、第二、第三とある。
やっと探し当てた曲靖第一中学、構内がだだっ広い。
しこたま訪ね歩いて「爨宝子碑」のある御室の前に立つと硬く鍵が閉ざされている。





がっくりして帰りかけたが、思い止まる。
「この機を逃したら、二度と「爨宝子碑」にお目にかかることも無いだろう、
もう少し粘ろう」

構内を僅かに通る人に尋ねる、何人めかの人が、
「今、お昼休み、2時になると係員が来ると思う」
気が付いたら、お昼時なのだ。





雲南の強い日差しを避けて座り込む。
校舎の壁に中国や世界の偉人の写真が張ってある。
「こういう人を目指しなさい」
と物語っている。

2時が近づくと俄かに構内に学生が溢れ出した。



御室の鍵も開けられ、係員らしき小父さんが掃除を始めた。

中へ入ると、今度は「爨宝子碑」が鎮座してるらしき建物に鍵、
がっちりした閂がぶら下がっている。



小父さんに尋ねると、首を横に振るだけだ。
しつこく尋ねると、
「中学の事務所へ行って」
「何方の所へ行けばいいのですか」
「??先生」
酷く素っ気無い。

「日本から「爨宝子碑」を観に来ました、??先生は?」
「今、会議中です、暫く待ってください」
中国の「暫く」は長い。
待たされた職員室の窓から「爨宝子碑」が鎮座してるらしき建物が垣間見られる。



やがて、まだ30代と思われる男性が現れた、??先生らしい。
??先生が、
「どうぞ」
と先に立つ。
「ガチャリ」と閂が外され扉が開く。

「爨宝子碑」は西暦405年の建立、
日本で言うと「卑弥呼」の時代にそう遠くないのでは。
漢字が楷書から隷書へ移り変わる生き証人?として書道史上の価値が高い。

おもむろに写真を撮ろうとしたら、
「写真は駄目です」
聞こえない振りをして一枚だけ失礼する。
不思議な書体だ。



自由奔放にうねっている様で不思議な調和感がある。
リズムカルで、唄っているようでもある。
素朴、粗野の中に威厳をも感じる。
左右への思い切った撥ね上げに当時の人々の生き様が息吹いているようだ。
どちらかと言えば、
モダン、近代的、抽象的な書を目指す書家に人気が有るのが頷ける。

「この書体は楷書でも隷書でもないですね、何書と言うのですか」
と尋ねると、先生は、
「爨書」
と答えた。

傍らの黒板に二人の日本の著名な書道家の名前が書かれている。
「この先生方は先月お見えになりました」
日本の書道家達にも睡涎の石碑なのだ。

「今日はお待たせして済みませんでした。
来られる時に前もってお電話でも頂ければ良かったのですが」
と渡された名詞には「爨宝子碑」研究家とある。



続昆明記28 昆明散策 東寺 県華寺

昆明の、殆ど、ど真中に、東寺塔と西寺塔が有る。
近年、近日公園として大整備中の一角,
京都の東寺との係わり合いはなさそうだ。
こちらの東寺塔は南詔国時代(824-874)の建立された石の塔だが、
清時代に地震で崩壊し再建された、40m余りの高さだ。



東寺塔と西寺塔が500m程の間で向かい合っている。



その間に有った古い町並みが撤去され、整備が進み観光名所になりつつある。
通りには等身大の人物の彫刻が点在する。







 

 



夜間などでは、さぞかし、ドキッとするであろう程写実的だ。
数えてみたら東寺塔は13層になっている、西塔も13層だが一回り小型だ。

中国ではあちらこちらに石塔が多い、印象に残っているのは、
西安の大雁塔、岳陽の慈氏塔だ。
岳陽と言えば、今日のニュースで、
隣接する洞庭湖の水が溢れ500万人余りが罹災したらしい。
ともかく、スケールが違う。
私が一年間滞在した事のある岳陽の街から、いきなり、洞庭湖が広がるのだが、
洞庭湖の水面に辿り着くまで、かなりの距離を歩いた記憶が有り、
立派な防波堤も有ったから、岳陽市は大丈夫と思うが心配だ。
思えば、岳陽の慈氏塔は洞庭湖の水害を妖魔から鎮める為に作られたと聞くが、
昔から、洞庭湖の水魔は人々を悩ましたのであろう。

昆明の西外れに県華寺の境内にも石塔がある。
こちらは最近建てられた豪快な建物で最上階からは昆明市内が一望できる。



境内にはリスが飛び出してきたり、ハンモックで昼寝をする人、
木陰でマージャンに興じるもの、凧を揚げる人、極めて長閑だ。















書の石碑が並び、書法史上名高い「爨宝子碑」の複製品も置いてある。



続昆明記27 麗江・ナシ族民家の宴会2

日が沈むと、二人の小母さんがナシ族の唄を歌いだした。

 

星空に哀調のある調べが響き渡る、コブシに特徴が有り、
何処か日本の民謡に通じるところがある。
元気のある調べに変わった、私を歓迎する唄だそうだ。
お返しに、私が佐渡おけさを歌うと、皆が、
「ナシ族の唄に似ている」
としきりに頷く。

 


翌朝、宿で目覚めて、前夜のあれからの記憶が無い。
どの様に帰ってきたのか頬を捻る。


昆明に帰る前夜、邵宅へのご招待だ。
邵は、前回、一宿一飯のお世話になった邵の奥さんの実家の近くに新しく一軒を構えた。
新婚の二人がいそいそと料理を作る。



新婚家庭の雰囲気にジェンウエイが目を細め口をそぼめる。
「私もこんな家に住みたいな....」
そんなジェンウエイを見て、つい約束してしまった。
「あんたの結婚式には必ず出席するからな」
「ほんと!」
指切りまでさせられた。





奥さんのご両親も顔を出した。
この時の為に暖めてきた日本煙草と日本茶がお土産だ。
残念な事にお父上はお酒を召さない。
いろいろ酒を酌み交わしてお話を聞きたいのだが....

立派なカラオケセットがある。
唄いだしたら皆止らない。





私もうろ覚えの「祝貴方平安」を歌う。
ご両親は何時の間にか姿を消している。
この夜も、何時どの様に宿に帰ったか覚えていない。

続昆明記26 麗江のナシ族民家の宴会

邵の店に戻ると、邵が、
「飛行機の切符、買っておいたよ、料金は後で送ってくれればいいから」
邵といい、ジェンウエイといい、
友人と言っても、4年前に知り合ったばかり、たまにしか会わない仲だ。
それなのに、この好意はどう受け止めたらよいのだろう。
まして、お金の話だ。
中国人は、朋友になると付き合い方が違う、
とは聞いてはいたが、目の当たりに実感する。

邵や何の親戚縁者も集まって来た。
邵も何も四川出身の親友同士、たまたま、麗江に来ていた何のご両親は、
前回も、たまたま、麗江に遊びに来たときにお会いしている。
何のお母さんは一時も縫い物を手から離さない。
何の父上は謹厳実直そのもの、今は定年退職しているが、
何かお堅い仕事に携わっていた様な雰囲気だ、常に視点が一点に定まっている。
邵の妹、兄夫婦、彼等は四川から麗江に移って生活している。
邵が麗江に呼び寄せたらしい。
この様にして強固な連帯関係、結束関係が生まれて来るのだろう。

「これから、ナシ族の民家へ行って、
釣りして、マージャンして、食事しよう」
と、三台の車に分乗してナシ族民家へ向う。

生粋の古い民家を期待したが、新旧入り混じった普通の民家だ。

 

  



釣り堀も溜池な様なもので釣りをする気は起こらない。
一通り部屋を案内されて、マージャンが始まった。

 

みんな、マージャンも素人、ジェンウエイも牌を一枚取っては、
つくづく眺め、腫れ物でも触るように牌を捨てる。
それでも、一回の勝負で2元ずつ動く。
可愛いものだ。

「さあ、食事にしましょう」
の声が掛かり、
青空の下に据えられた二つのテーブルにそれぞれが思い思いに着く。
素朴なナシ族料理が並べられる。





早くからビールで出来上がっている私は、

 

何時もの事だが、食が進まない。
「これ食べてみな、これ食べろ」
と私の器に摘んで寄越す。
山菜、野菜、茸を茹でたり炒めたりした料理が多い。
茹でた料理は日本の懐石料理の様に薄味であっさりしている、
昆明などでは余り見られない味だ。
後は肉と豆類、しゃぶしゃぶ鍋のような真ん中に煙突の付いた鍋では、
魚が煮込まれる、これも油が少ない

続昆明記 25 麗江・「(牛偏に毛)牛坪」...ヤク平

表で運ちゃんと交渉していた邵が戻って来た、
「車を借り切ったよ、費用は280元、うまくすると200元」
小母ちゃんの運ちゃんだ。

「...うまくすると...」
の意味が直ぐに判った。
広々とした谷間を玉龍雪山に向う一本道、ゲートが見えて来ると、
小母ちゃんが笑いながら言う、
「カメラを脇に置いて、サングラスを外して」
番人の居るゲートを通り抜けると、
小母ちゃんが振り返り親指を突き出した。
ジェンウェイが説明してくれた。
「此処から先、旅行者は一律に一人80元徴収されます」
土地の中国人に成り済ましたわけだ。


麗江の標高が2400m、
これから行く「(牛偏に毛)牛坪」)は海抜4000m。
玉龍雪山は13の峰が南北に連なり、最高峰は5596mだ。
麗江から玉龍雪山の麓まで矢ジリ状の平野がなだらかに続いている。

暫く走ると、右側の高台にゴルフ場が見え出した。
最近出来たらしい、グリーンも真新しい青さだ。
キャディは、みな、少数民族衣装だそうだ。
これ以上なく澄み切った空気、真向かいに玉龍雪山の雄姿、
最高の立地条件だ。

雲の合間に見え隠れする玉龍雪山が間近に迫ってくる。
振り返ると、麗江の街並みは豆粒ほどになっている。
矢型の平野を行き詰めると、急勾配の山道になる。



「(牛偏に毛)牛坪」へのロープウエイは豪快そのもの、

 

晴れてれば、真向かいに玉龍雪山の全貌が迫っている筈だ。
終点に着くと、ゆったりと傾斜を作る草原が遥か彼方まで広がる。
その草原を、素板で組まれた道が視野の続く限り続いている。

 

 

 

板道に沿って点々と、これまた木造の露店が並ぶ。
民族衣装の娘さん達が、威勢の良い声を張り上げて客を呼ぶ。

 

 

板の道は、まだまだ、続く。

「疲れたでしょう、ヤクに乗らない?」
ジェンウェイが誘う。
ヤクに乗っても、丸太道の終りつく所までは、まだまだ、小一時間とか。
「じゃー、ヤクであそこの上まで行ってみよう」
ポツン、ポツンとヤクが散在する草原を、
ポックリ、ポックリと馬の背に揺られる、快適だ。

 

 

時折、玉龍雪山の雪渓が雲の合間にかを覗かせるが、直ぐに閉ざされる。
草原では、点々とヤクが草を食んでいる。
種々の高山植物の花がチョコチョコっと顔を覗かせる。

 

 

馬から下りて写真を撮る、馬丁が教えてくれた、
「7月になると、此処一面が花で一杯になるんだ。
それに、今はこんな天気だけど、7月になると、
そこに玉龍雪山が広がるんだ、そりゃー綺麗だぞー、凄いぞー」
と、前方に手を広げる。
此処で生活している馬丁が言うのだから間違いない。
ふと、馬丁さんにもそんな絵心が有るのかなぁー、
と馬丁の顔を覗き込むと、普通の馬丁の顔だ。
次は7月を狙おうと心に決める。

ヤクの写真を撮ろうとヤクに近付くと、馬丁が飛んで来た。
「アブナイ、突っ掛かって来るぞ」



時々、観光客がやられるらしい。
此処のヤクは白黒模様、珍しいらしい。

続麗江記23   麗江の民宿

麗江古城世界遺産に指定されている。
その古城の中心付近を四方街と言う。
結構の広さのある四方街広場を、びっちりと、埋めていた露店群も撤去された。
古城の中央道路から玉龍雪山を望む真ん中にあって、頗る、
景観を損ねていた大きな銀行も撤去作業中だ。
いろいろと区画整理が進んでいる。

四方街の民宿を当たってみた。
何軒か目の少し高台にある民宿、案内された三階に上がって、
思わず唸る。
三つばかり並んだ部屋の前のテラスから古城が真下に広がっているのだ。



 

タブつきの風呂が有って値段も格安、直ぐに引越しを開始する。
引越しと言っても小さなザック一つだ。

早速、テラスでビールの栓を抜く、有り難い事に、ビールは冷えている。



白人客が多いらしく冷蔵庫にはビールが詰まっている。
間近に見る四方街の屋根もまた違った味がある。

 



民宿の小母さんに尋ねると、此処は代々のナシ族の民家、
何年かに渡り少しずつ改造を重ねてきたのだそうだ。
壁に掛かっている書は彼女のお祖父さんの作とか。

 

今はシーズンオフなので、たまたま、空いた部屋が有ったが、
普段は予約が必須だそうだ。
四方街の中心までものの5分と掛からない。
次回からの定宿にしたいものだ。


サクラヤに座り込むのが日課になった。
目の前の小川を挟んで両側に小道があり同じ様な店が並ぶ。
私の座っている位置から窓の外に手を出せば通行人に触れる距離だ。

時々、物売りが顔を出す。
イチゴ売りが来た。



物珍しいので、一寸、声を掛けてみた。
「少し小さいね」
と手を横に振る。
驚いた事に、10分もしないうちに、そのイチゴ売りがまたやって来た。
「大きいのを持って来たよ」
余り、果物は食べない方だが、こうされては仕方ない。
食べてみると美味しい、粒粒が光っている、新鮮なのだ。
隣の白人のアベックにお裾分けすると、
「美味しい!」
と、両手を広げた。

引っ切り無しに通る通行人、
日本人や白人が以前より少なく感じる。
東洋人が多い。
白人が減ったのではなく、
中国人の観光客が増えたようだ。

 

ガイドの旗に従う団体の殆どが東洋系だ。
以前は、何処となく遠慮しがち見えた彼等も堂々と胸を張ってる。
麗江の客質も変わりつつある。

その通行人の一人一人が、チラッと、店を覗いて通り過ぎる。
白人は目が会うと、ニコッと、微笑むが、東洋系にはそれが無い。

続麗江記22  麗江での大失態

翌朝、玉泉公園を一回りする。

生憎の曇り空で玉龍雪山も雲に覆われている。



東巴研究所を覗く、例の東巴文字の発信地だ。

 

初めて此処を訪れた時は胸の高鳴りを覚えたものだ。
特に見るべき物は無いのだが、東巴の匂いを嗅ぎ回った。
一時、東巴文字をモノにしてやろうと野心を持ったが熱も冷めた。

 

此処の売店で買物をした事がある。
後で、値段を聞いた邵が目を丸くしていたが頗る割高だ。
東巴に興味を持つ外国人は、
必ずと言ってよいくらいガイドの案内で此処に立ち寄る、
外国人相手の商売なのだ。

ぐるりと池を廻る。
昔、麗江を治めた木氏の別邸だったと言うから、
木氏の権力、財力がうかがえる。

 

 

改造中だった寺院が真新しくなっていたり、
所狭しと骨董品が転がっていた店も無くなったりで、
ここも大分変化がある。
麗江古城街を癒す湧水は健在だ。

帰りがけに銀行に立ち寄る。
麗江に来る度にお世話になっている銀行だ。
カードを手渡すと、係りの女性が笑顔を作る。
銀行の態度も来る度に変わって来た、
当初は、ポイッとお金を放り投げる、無愛想が当たり前だった。

「一寸、時間が掛かり過ぎるな」
と中を見遣ると二三人の係員が集まって何やら話している。
係りの女性が笑顔で何やら言って、カードが返させられた。
何事か判らない。
「もう、何回も此処で換金してます」
と説明しても首を横に振るばかりだ。
窓越しに係りの女性ともう一人の男性、上役だろうか、
二人して、懸命に説明してくれるが、とんと、理解出来ない。

近くの邵に応援を頼んで、銀行にとって返す。
暫く掛け合っていた邵が、
「駄目だそうだ」
「以前に、何回も此処で換金したよ、この間も昆明で換金したよ」」
もう一度、邵が掛け合う、係員が何処かへ電話しているようだ。
「口座に預金が無い、と言ってるよ」
そんな筈は無い、先だって株を処分したばかり、
インターネットで口座への振込みも確認している。
どうも、合点がいかない。

邵と別れてから、もう一軒の銀行に入る。
男性の係員がテキパキとパソコンのキーを打ち始めた。
どうやら、今度はうまくいきそうだ。
その内にその男性係員が首を左右に傾け出した。
「どうも、コンピューターの具合が悪いらしい。
すまないけど本店へ行ってくれないか」
と本店の地図を描いてくれた。

少し離れた本店へ向う。
途中で葬式の列に出会う、長い列がメイン通りをデモのようにつながる。



本店の係員は親切な女性だ。
しかし、なにやら問題が有るらしい。
彼方此方に電話しているようだ。
暫くして、
「原因が判りました、あなたのカードの期限が切れています」
空いた口が塞がらない。
カードをつくづく眺めると、有効期限3月31日とある。
昆明では有効期間内だったのだ。

「何か方法は有りませんか?」
暫く考えていた女性が上役の所へ行って戻ってきた。
「唯一の方法は、あなたの口座のある銀行から、
中国銀行の上海本店へ、あなたの口座に間違いなく預金があるとの
連絡していただき、その旨、上海本店からこちらへ連絡が有れば可能です。」

さて、エライ事になった。
日本の銀行の電話番号も判らないし、
手続きにどの位の時間が掛かるかも予想が付かない。

途方に暮れて、トボトボ歩き出した。
大きなバスターミナルの休憩室に座り込む。
今回は帰りの航空券も買ってない、明日はヤク平、夜は会食を約束してある。
頭の中で計算する、どうしても少し不足だ。
仕方ない、帰りはバス、宿をもっと安い所へ変えよう。

突然、肩を叩かれた。
ジェンウェイがにこやかに立っている。
「偶然ネー、どうしたの? 元気ないネ。 二日酔い?」
彼女はこれから客を案内して石鼓へ出掛けるところだそうだ。
事情を話すと、
「そんな事、心配ないよ、何とかなるよ、今はあんまり持ってないけど...」
とバッグを開こうとする。
「大丈夫、今は何とかなるよ」
「そう、じゃー帰ってからネ、私、お金持ちだから..
そうそう、丁度良かった、昨夜、明日ヤク平へ行こうと言ったけど、
今夜は向うへ泊まりになりそう、ヤク平は明後日ネ。
明日帰ったら電話しまーす」」
手を振ってゲートから出て行った。

渡りに舟とはこんなことを言うのだろう。

兎も角、助かった。